さくらインターネットのサーバへ鍵認証でSSH接続する方法

さくらインターネットのレンタルサーバへ鍵認証で接続するための手順をまとめました。

1. サーバへログイン(パスワード認証による接続)

Macの場合

アプリケーション⇒ユーティリティ⇒ターミナル、を開く。

Windowsの場合

puttyなどのソフトをダウンロードして起動。
※Windows10は2018年4月のアップデートからSSHクライアントを使えるようになったので、そちらを使うことも可能
https://mimimopu.com/powershell-ssh-client/

SSHコマンドを実行

ssh ユーザー名@ドメイン名
パスワードを要求されるので、サーバ接続用のパスワードを入力
(ユーザー名、パスワードはFTP接続用のものでOK)

2. ssh-keygenコマンドを実行

ssh-keygen

以下の質問が表示されるが、そのままEnterでOK。
(変更が必要な場合は、任意の文字列を入力)

Enter file in which to save the key:
Enter passphrase (empty for no passphrase):

3. 公開鍵ファイルのファイル名変更

/home/xxx/.ssh/ディレクトリにid_rsaというファイルが生成されているので、これをauthorized_keysというファイル名に変更する。

4. 秘密鍵ファイルのダウンロード

/home/xxx/.ssh/ディレクトリにid_rsaというファイルが生成されているので、これをダウンロードしてパソコン内に保存する。

5. SSH接続時に秘密鍵ファイルを指定する

SSHコマンドで接続する場合

ssh -i 秘密鍵ファイルの場所 ユーザー名@ドメイン名
例)ssh -i /Users/hoge/id_rsa hoge@hoge.sakura.ne.jp
例)ssh -i c:¥Users¥hoge¥id_rsa hoge@hoge.sakura.ne.jp

SSHクライアントソフトを使用する場合

  1. 接続設定画面で認証方法をパスワード⇒公開鍵認証、に変更する
  2. 秘密鍵ファイルの場所の指定をする(ダウンロードした秘密鍵ファイル)
puttyを使用する場合

puttyは独自形式の秘密鍵ファイルを使っているため、ダウンロードした秘密鍵ファイルは、そのままではSSH接続することができない。
puttygenというツールをダウンロードして以下の手順でputty用の形式に変換する必要がある。
importKey⇒Save privatekey


【新しい記事】

【古い記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。