【Excel】日付とシリアル値の変換ツール

日付とシリアル値の変換ツール

日付文字列シリアル値
日付文字列(カレンダーから選択)シリアル値

Excelのシリアル値と日付文字列を変換するツールです。
一方を入力すると、もう一方の値が自動的に表示されます。
2020.09.19:ハイフン・スラッシュなしのyyyymmdd形式でも動作するようにしました。
2020.09.20:カレンダー選択を追加しました。


  • エクセル シリアル値 変換
  • Excel 日付 変換 シリアル値から
  • エクセル タイムスタンプ 日付 変換

などで検索してみても、変換できるサイトが見つからなかったので、自分で作成してみました。


Excelブックの中で関数を使って変換する方法は多くのサイトで解説されていますが、ブラウザ上で変換できるサイトはほとんど存在しないようです。

シリアル値とは

Excelの日付データは、内部的には1900年1月1日からの日数(シリアル値)で管理されています。

  • 1900/1/1:1
  • 1900/1/2:2
  • 1900/12/31:366

ちなみに、似たようなものでUnixタイムスタンプというものがありますが、こちらは1970年1月1日からの日数になります。

※ Excelでは、存在しないはずの1900/2/29が存在するので、1900/3/1以降のシリアル値はカレンダー上の日数よりも1大きくなります。


【新しい記事】

【古い記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。