「はじめてつくるReactアプリ」の感想・備忘録

kindle本「はじめてつくるReactアプリ」のまとめ。

点数

63点

感想

説明が不足していて、初心者には難しい内容だと思う。

一方、経験者にとっては内容が薄く物足りないため、ターゲット層がよくわからない書籍だった。

Single Source of TruthとTop Down Flow

Reactには「Single Source of Truth=データを保持するコンポーネントは1つ」というコンセプトがある。
また、それを実践するために「Top Down Flow=データは上位から下位のコンポーネントに渡す」というワークフローがある。

たとえば、Appの中にFormとResultというコンポーネントがある場合、データはAppで保持する。

JavaScriptの&&演算子

JavaScriptでは、&&の左側がtrueの場合のみ右側の処理が実行される。

2 > 1 && console.log('true')

分割代入を使うと可読性が上がる

分割代入を使わない場合

Const Result = (props) => {
  return (
    <div>
    <p>{props.results.country}</p>
    <p>{props.results.cityName}</p>
    <p>{props.results.temprature}</p>
    </div>
 );
}

分割代入を使う場合

Const Result = (props) => {
  const {country, cityName, temprature} = props.results
  return (
    <div>
    <p>{country}</p>
    <p>{cityName}</p>
    <p>{temprature}</p>
    </div>
 );
}
※さらに、以下のようにpropsも分割代入を使うとよい
Const Result = ({results}) => {

【新しい記事】

【古い記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。