[Next.js] 環境変数を使う方法

概要

APIキーなどをコードに埋め込むのはセキュリティ上好ましくないため、環境変数として用意するのが一般的である。

  • .env
    開発・本番に依存しないデフォルト値を定義する。
  • .env.local
    開発・本番に依存しないシークレットな値を定義する。(.gitignoreに追加する)

Next.jsで使うAPIキーを管理するだけであれば、.env.localを用意すれば良い。

API_KEY=XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXx

値の参照はprocess.env.XXXXXXXXで可能。

参考サイト

https://qiita.com/ktanoooo/items/64cad61096cf45f18c24

コメント

タイトルとURLをコピーしました