「Amazon Web Services アプリ 開発運用入門」の感想・忘備録2

「Amazon Web Services アプリ 開発運用入門」の感想・忘備録1の続き

Amazon RDS

RDBをクラウド上で利用できるサービス。
データベースサーバの構築・運用管理など負担が大きい作業から解放してくれる。

RDSのAZ(アベイラビリティゾーン)

RDSを使うためには、VPCの中に異なるAZのサブネットが作成されていなければならない。
RDSはマルチAZオプションを有効にすることで、複数のAZにスタンバイを配置することができる。
マルチAZを無効にした場合でも、後から有効にできるようにするために、複数のAZが必要である。

新たにサブネットを作成した場合、ルートテーブルがデフォルト設定のままだとVPC内からしかアクセスすることができない。
「ルートテーブルの変更」でパブリックサブネットと同じルートテーブルIDをセットする必要がある。
(デフォルトゲートウェイ(0.0.0.0/0)にインターネットゲートウェイがアタッチされる)

セキュリティグループの設定

タイプMySQL/Aurora
プロトコルTCP
ポート3306
ソースEC2インスタンスのセキュリティグループ

※EC2インスタンスからのRDS(MySQL)へ接続する場合

パラメータグループの設定

パラメータグループとは

データベースの設定値をテンプレートとして保存しておけるもの。
RDSのデフォルト設定では、文字コードがlatin1なので日本語を扱うことができない。
文字コードを変更したパラメータグループを作成する必要がある。
MySQLの場合、以下のパラメータの値を変更する。

character_set_clientutf8

character_set_connection
utf8

character_set_database
utf8

character_set_results
utf8

character_set_server
utf8

Amazon SES

Amazon SESとは

Eメール送信サービス、Amazon Simple Email Serviceの略。
2020年1月現在、送信・受信共に1000通あたり0.1USD/月。
EC2からの送信の場合、62,000通/月の無料枠がある。

設定手順

  1. SES管理画面に「Emial Addresses」をクリック
  2. 「Verify a New Email Adddress」をクリック
    ※ここで登録したアドレスだけがメール送信元にすることができる
  3. 確認メールが届くので、承認を行う
ここまでの手順だとサンドボックス状態にあり、以下の制限を受けてしまう。
  • 送信は、検証済みメールアドレスおよびドメインに制限される
  • 最大で 24 時間あたり 200 メッセージを送信できる
  • 最大で 1 秒あたり 1 メッセージを送信できる

Amazon SES サンドボックスの外への移動

AWSサポートセンターに申請する必要がある。

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/ses/latest/DeveloperGuide/request-production-access.html

送信処理の実装

AWS SDKを使用してAmazon SES からメールを送信することができます。
AWS SDK は、複数のプログラミング言語で利用することができ、以下のサイトにコード例が掲載されている。
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/ses/latest/DeveloperGuide/send-an-email-using-sdk-programmatically.html


【新しい記事】

【古い記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。