「プログラマのためのDocker教科書」の感想・忘備録3

「プログラマのためのDocker教科書」の感想・忘備録2の続き。

Dockerfile

Dockerfileはコンテナの構成情報を記述するためのテキストファイル。
docker buildコマンドでDockerfileからイメージを生成する。
#以降はコメントとして扱われる。

# ベースイメージの指定
FROM centos

主な命令(小文字でも動くが、慣例的に大文字)

  • FROM:ベースイメージの指定
  • RUN:コマンド実行
  • CMD:コンテナでコマンド実行
  • ENV:環境変数
  • COPY:ファイルコピー
  • EXPOSE:ポート開放

Visual Studio Code

Visual Studio Codeの拡張機能vscode-dockerを使うと、Ctrl+スペースでスニペットが表示される。
また、Dockerfileだけでなくdocker-compose.yamlもサポートしている。

Visual Studio Codeのエクスプローラではイメージやコンテナの稼働状況も確認することができる。

Dockerfileからイメージの作成

docker build -t イメージ名[:タグ名] Dockerfileの格納ディレクトリ
例)docker build -t sample /home/hoge/

中間イメージ

Dockerはイメージをビルドする際、自動的に中間イメージを生成する。
中間イメージは、他のイメージをビルドする際に内部的に再利用される。これによってビルドが高速化する。

イメージを再利用しているときは、ビルドログにUsing cacheと表示される。

イメージのレイヤー構造

Dockerfileの命令ごとにイメージが作成される。

FROM ubuntu
RUN apt-get update && apt-get install -y -q nginx
とすると2つイメージが作成される。

busybox

基本的なLinuxコマンド群をまとめたイメージ。
必要最小限のシェル環境を提供する場合に利用されている。

RUN命令は1行で書く

RUN yum -y install httpd php phpmbstring
とすると内部イメージが1つだけできる。

RUN yum -y install httpd
RUN yum -y install php
RUN yum -y install phpmbstring
とすると内部イメージが3つ作られてしまう。

CMD命令

RUNはイメージ作成のためのコマンドであるのに対し、CMDは起動したコンテナ内で実行されるコマンド。
Dockerfileには1つだけCMD命令を書くことだできる。
例)CMD nginx -g 'deamon off;'

ENTRYPOINT命令

docker container runコマンドを実行した時に、ENTRYPOINTで指定したコマンドが実行される。
例)ENTRYPOINT nginx -g 'deamon off;'

CMDでコマンドを定義しても、docker container runコマンド実行時に引数で新たなコマンドを指定した場合、そちらが優先実行される。
よって、ENTRYPOINTで指定したコマンドは必ずコンテナで実行されることになる。

コマンド引数を指定したいときはCMDと組み合わせる必要があり、ENTRYPOINTでコマンドを指定し、CMDでその引数を指定する。
例)
ENTRYPOINT top
CMD -d 10
と定義すると、コマンドを指定しない場合は-d 10となる。
docker container run -it sample
docker container run -it sample -d 2

ONBUILD命令

次のビルド時に実行するコマンドを指定することができる。
ONBUILDを記述したDockerfileでビルドしたイメージは、他のDockerfileでベースイメージとして設定してビルドされたときに実行される。

イメージにONBUILDが設定されているかどうかは
docker image inspect イメージ名
ですることが確認できる。

FROM ubuntu
ONBUILD ADD site.tar /var/www/htm/
としたDockerfileで
docker build -t web .
でイメージ作成。
FROM web
としたDockerfileで
docker build -t web2 .
とするとONBUILDで指定したコマンドが実行される

EXPOSE命令

公開するポート番号を指定。
例)EXPOSE 8080

EXPOSEしなくてもdocker run -pオプションでポートを外部公開できるので必要ない。
EXPOSEの指定はdocker run -PもしくはDockerのlink機能を使ってコンテナ間連携をするときだけ意味を持つ。

ADD命令

ホストのファイルやディレクトリをイメージ内に追加する。
ただし、COPY命令でも同じことができるので、COPY命令を使うようにする。

ADD命令はリモートファイルのダウンロードやアーカイブの解凍などの機能を持つが、COPYは持たない。
よって、単純にイメージ内にファイルを配置したいときはCOPY命令を使う。
(ADD命令を使うと、リモートファイルやアーカイブが使われていると思わせてしまう)

ビルド時のファイル転送

Dockerは、ビルドを実行したディレクトリ配下の全ファイルをDockerデーモンに転送する。docker buildコマンドはDockerfileが置かれたディレクトリ配下をすべて転送する。
Dockerfileは空ディレクトリに置くのがおすすめ。

除外したいファイルがある場合は、.dockerignoreに除外ファイルを記述する。

VOLUME命令

マウントポイントを作成し、ホストOSや他のコンテナからマウントできるようにする。
例)VOLUME /var/log

コンテナは永続データを保持するのに適していない。
VOLUME命令でホストOSにマウントするとよい。

Docker Compose

複数のコンテナをまとめて管理するためのツール。
docker-compose.ymlにコンテナ構成情報を定義し、docker-composeコマンドを実行することで、コンテナを一括管理できる。

docker-compose.yml

services, networks, volumesを定義する。
バージョンによって記述可能項目が異なるため、先頭でversionを指定する。
バージョン指定がないと1.0として動作する。

version: '3.3'
services:
  webserver:
    build: .
    ports:
      - "80:80"
    depend_on:
      - redis

  redis:
    image: redis
# YAMLで配列を使用するときは先頭にハイフンと半角スペースを付ける
image

イメージの指定
例)image: ubuntu

build

Dockerfileからイメージのビルド。
例)build .

links

コンテナを他のサービスにリンクする。
コンテナ内の/etc/hostsの中にサービス名が追加される。

links:
 - db

とすると/etc/hostsに以下の内容が追記される。
172.17.2.186 db

ports

コンテナが公開するポートの指定。
YAMLは数字のxx:yy形式を時刻と解釈するので、”ホストのポート:コンテナのポート”のように必ずダブルクォーテーションで囲む。
例)ports: - "8000:8000"

environment

環境変数の指定。
配列形式、またはハッシュ形式での記述が可能。

# 配列形式
environment:
  - HOGE=fuga
# ハッシュ形式
  HOGE: fuga
volumes

コンテナにボリュームをマウントする。
– ホストのパス:コンテナのパス
を記述する。

volumes:
  -  cache:/tmp/cache

複数コンテナの生成&起動

docker-compose up
-d:バックグラウンド

フォアグラウンドで起動した場合は、Ctrl+Cでコンテナ停止。

複数コンテナの確認

docker-compose ps

Composeで起動したコンテナでコマンド実行

docker-compose run コンテナ名 コマンド
例)docker-compose run web /bin/bash

複数コンテナの起動

docker-compose start

複数コンテナの停止

docker-compose stop

複数コンテナ・イメージの停止&削除

docker-compose down

実行中のコンテナを停止し、コンテナとネットワークを削除する。


【新しい記事】

【古い記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。