「JavaScriptエンジニアのためのNode.js入門」の感想・忘備録

Kindle本「JavaScriptエンジニアのためのNode.js入門」のまとめ。

点数

77

感想

Node.js超入門と似たような内容だが、こちらはページ数が少ないこともあり大雑把な説明だった。
cookie-parserなど、こちらにしか書かれていないなこともあった。
2つの書籍を読んだことで、理解度をアップすることができたと思う。

静的ファイルの供給

Node.jsだけ(Expressを使わない)でcss、js、画像などを返却する場合、ストリームを使う。

  • fs.createReadStream(ファイルパス)でストリームオブジェクトを作成
  • ストリームオブジェクトのdataイベント、endイベント、errorイベントを登録する
var http = require('http');
var url = require('url');
var fs = require('fs');

var server = http.createServer(function(req, res){
    var urlParts = url .parse(req.url);
    var path = __dirname + '/' + urlParts.pathname;
    var stream = fs.createReadStream(path);
    stream.on('data', function(data){
        res.write(data);
    });
    stream.on('end', function(data){
        res.end();
    });
    stream.on('error',function(err) {
        console.log("something wrong");
    });
});
server.listen(1234);
// http://localhost:1234/xxx.txtでxxx.txtを表示

__dirnameはソースコードが格納されているディレクトリパスが格納されている組み込み変数

静的ファイルの供給その2

ストリームオブジェクトのpipeメソッドは、引数で渡されたオブジェクトに読み込んだデータを流し込んでくれる。
pipeメソッドの詳しい解説は割愛するが「静的ファイルの返却にはストリームのpipeメソッドを使うべき」と覚えておくとよい。
完了時には内部でレスポンスオブジェクトのendメソッドを呼んでくれる

var http = require('http');
var url = require('url');
var fs = require('fs');

var server = http.createServer(function(req, res){
    var urlParts = url .parse(req.url);
    var path = __dirname + '/' + urlParts.pathname;
    var stream = fs.createReadStream(path);
    stream.pipe(res);
});
server.listen(1234);

cookie-parser

cookie-parserライブラリを使うとクッキーの扱いが楽になる。

  • npm install cookie-parser --saveでインストール
  • var cookieParser = require('cookieparser');で読み込み
  • app.use(cookieParser());でアプリに追加
  • レスポンスオブジェクト.cookie.xxxで参照
  • レスポンスオブジェクト.cookie('名前', 値, {maxAge: ミリ秒});で保存
  • レスポンスオブジェクト.clearCookie('名前');で削除

Expressバージョン3まではexpress.cookieParserとして組み込まれていたが、バージョン4から独立した

var express = require('express');
var ejs = require("ejs");
var app = express();
var cookieParser = require('cookie-parser');

app.engine('ejs',ejs.renderFile);
app.use(cookieParser());
app.get('/', function(req, res){
    var cnt = req.cookies.cnt == undefined ? 0 : req.cookies.cnt;
    cnt++;
    res.cookie('cnt', cnt, {maxAge: 5000});
    res.render('app.ejs', {cnt: cnt});
});
var server = app.listen(1234, function(){
    console.log('サーバを起動しました');
});
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <link type="text/css" href="./style.css" rel="stylesheet">
</head>
<body>
<p>テストページ</p>
<p>cnt:<%=cnt %></p>
</body>
</html>

【新しい記事】

【古い記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。