アップルウォッチはどのようにして睡眠状態を判別しているのか?

アップルウォッチは心拍数から睡眠状態を判別している

以前、MacFanの記事で以下のように書かれていた。

まず加速度センサによって、立っているのか、座っているのか、横になっているのかがわかる。
ただし、それだけではただ横になっているだけなのか、睡眠状態なのか、の区別がつかないので、心拍数を測定して睡眠状態を判別している。
心臓が鼓動すると血流が一時的に増えるため、睡眠状態では心拍数は少なくなる。
赤い血液は緑色のLED光を吸収するので、アップルウォッチが緑色のLED光を照射し、その反射光を測定することで血流量の増減がわかり、これを繰り返すことで心拍数を推定している。

簡単に言うと「加速度センサと血液の吸光度を使って判別している」とのこと。
すごい!!


【新しい記事】

【古い記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。