「Webプログラミングが面白いほどわかる本」の感想・忘備録1

書籍「Webプログラミングが面白いほどわかる本」のまとめ。

点数

88点

感想

とても高校生向けの本とは思えないほど実践的で良い内容だった。
著者は知識があり、実務もできる人であることが想像できる。
高校1年生がこの本の内容を理解できるようだと、多くのエンジニアはかなり危機的な状況になっていく思う。

参考になったこと

  • ncコマンド
  • JavaScriptのMapオブジェクトのソート
  • Node.jsの非同期IO
  • MapオブジェクトをJSONでファイルに保存

主な内容

tcpdumpコマンド

sudo tcpdump src www.yahoo.co.jp -Xのように使う。
srcの後に送信元を指定。 -Xは詳細表示。

ncコマンド

NetCatの略。
TCP、UDPの簡易的なクライアント・サーバのプロセスを起動するコマンド。
サーバ側もできちゃうtelnetって感じ。
nc -l 8000でサーバ起動。
nc 127.0.0.1 8000でクライアントから接続。
どちらかでキー入力すると、もう1方のコンソールに表示される。

Rubyで簡易WEBサーバを起動

ruby -run -e httpd . -p 8000
ブラウザでhttp://localhost:8000にアクセスすることで確認可能。
-runオプションではなく-rオプションでunライブラリを読み込んでいる。
そして、-eオプションでhttpdメソッドを呼び出している。

シェルスクリプトでrssを取得

#!/bin/bash
filename="/Users/okada/`date '+%Y%m%d%H%M%S'`.xml"
curl -s -o $filename https://www.nicovideo.jp/ranking/genre/all?rss=2.0&lang=ja-jp
# curlの-sオプションは「実行中のメッセージを表示しない」

GitHubでのissue管理

Issuesタブ⇒New Issueで作成
ソースコミット時のコメントを#1 イシューの対応ですのようにすると、コミットとIssueが紐づく。
⇒Issueが解決されたらClose and commentでIssueを閉じる。

Gist

GitHubで提供されている機能。
メモやコードを手軽に保存することができる。
保存時にCreate Secret Gistにすると非公開、Create Public Gistだと非公開。
https://gist.github.com/

先に作ったローカルリポジトリをGitHubに反映させる

GitHubでリポジトリを作成してから「…or push an existing repository from the command line」に書いてある以下の2つのコマンドをローカルで実行する。
git remote add origin git@github.com:ユーザー名/リポジトリ名.git
git push -u origin master
※-uオプションは次回以降git pushだけでorigin masterにするためのもの

Node.jsのアサーション

const hoge = (i) => i + 1;
const assert = require('assert');
assert.equal(hoge(1), 2, `期待値は2ですが結果は${hoge(1)}でした`);
assert.equal(hoge(2), 3, `期待値は3ですが結果は${hoge(2)}でした`);
console.log('全て成功しました。');

Node.jsでファイルの読み取り

const fs = require('fs');
const readline = require('readline');
const rs = fs.ReadStream('./hoge.csv');
const rl = readline.createInterface({ input: rs,output: {} });
rl.on('line', (lineString) => {
   console.log(lineString);
});
rl.resume();
// resumeメソッドがコールされると、ストリームに情報を流し始める

【新しい記事】

【古い記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。